トイレの水漏れの原因と修理について

トイレの水漏れの原因と修理について トイレは使っている中である日突然水漏れを起こすこともあります。突然水が漏れ始めると多くの人は驚きますしどうすればいいか慌てるものです。特にトイレの水は汚れている水が流れてくるので水漏れが起こると不衛生ですし臭いも気になります。早急な修理が必要とされます。



■トイレの水漏れは最初に止水栓を閉める

トイレの水が漏れ始めたら最初にすべきことが止水栓を閉めることです。止水栓は簡単に言えば水道の元栓となるところです。そのため止水栓を閉めれば水漏れが止まることもあります。
水が漏れ続けると床が傷む原因になりますし、集合住宅の場合には下の部屋まで濡らしてしまい被害が拡大することもあります。階下への被害が出てしまうと家財の弁償や天井修理といったことも必要になるケースがあるので、まずは水を止めることがとても大切です。
ただ、止水栓を止めることは修理ではありません。あくまでも応急処置になります。水が止まることで被害をおさえることができます。止水栓を止めたら落ち着いて観察して、どこにトラブルがあるのかを確認し、適切な対応をとるようにしましょう。

■観察をして修理ができるかどうかを判断する
トイレの止水栓を閉めて落ち着いてトイレが観察できるようになったら、水漏れの原因がどこにあるのかを考えていきます。多くの場合、トイレから水が漏れてくるのはタンクからと便座からのどちらかです。
止水栓を閉めてタンクや給水管、ウォシュレット部分や便器などゆっくりと観察していくと水漏れをしている部分が見つかります。少しずつ残っている水が漏れていることが多いので水漏れ部分を見つけやすくなります。もしも止水栓を閉めたことで水漏れ部分が見つけられないという場合にはほんの少し止水栓を開くと水が漏れている部分が特定しやすいです。その際、ちょっとずつ水を出すこと、水で床が塗れるのを防ぐために不要なタオルや新聞紙を用意しておくようにしましょう。
ただ、水で部品が濡れてしまうと問題なかった部分も壊れてしまう可能性があります。いろいろな部分が壊れてしまうと修理ができなくなることもあります。そのため極力電子部分を水に濡らさないように気をつけましょう。

■部分ごとの水漏れの原因

水漏れはいろいろな部分から起こります。その場所によって自分で修理ができるものもありますし、業者に依頼をしないと直せないものもあります。場合によっては修理では直しきれなくて新しいものを購入してトイレの交換をしなければならないこともあります。
水が漏れている場所を特定したら、その場所の何が原因で水が漏れているかを確認して、自分で対応できるかどうかを判断していくことが必要です。たとえば簡単に交換できる部品が壊れているだけであれば自分でも修理ができます。しかし、細かな部品や特殊な工具が必要となる場合には自分で修理することは難しいです。
トイレは思っているよりも細かなパーツが多く使われていますしチェックするべき場所が多くあります。また、場合によっては複数の場所でトラブルが起きていて水が漏れているということもあります。そうなると自分で壊れている場所を確認して修理することはかなり難しいです。そのため自分で修理するのが難しいと感じたら、無理に自分で修理しようとせず業者に任せるようにしましょう。

■まとめ
トイレから水が漏れてくる原因はいろいろなことが考えられます。自分で修理するか業者に依頼するかを決めるにあたっては、まずは止水栓を止めて水が漏れないようにし、状況判断してから考えるようにしましょう。水が漏れていると床や他の部品に影響を及ぼす原因にもなりますし、集合住宅の場合には他の家にも迷惑をかける可能性があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース