意外と危険なウォシュレットトイレの水漏れ

ウォシュレット 水漏れはぽたぽたと水が落ちているだけのことが多いので素人でも修理ができそうに見えます。しかし、意外と難しいですし、自分で直そうとしたことで逆に他の部分も壊れてしまうことがあります。そこで慎重に対処することが必要です。

■単なる水漏れではないことも多い

トイレのウォシュレット部分は細かな部品が組み合わさってできていますし電化製品です。特にここ数年でトイレの技術は進化しておりウォシュレット部分もかなり機能が高まっています。
そのため、単なる水漏れと思っていたものも実は機械の故障で起こっている可能性があります。機械の故障となると素人では修理することが難しいです。もちろん業者に修理してもらっても直らないこともあり、その場合にはウォシュレット部分を新しいものに交換することになります。

■機械の故障は早めに対応を

機械の故障でウォシュレット部分から水が漏れている場合、早めに修理をすることが必要です。ちょっとだけ水が出ているだけだから大丈夫と思ってそのままにしておくと、他の部分に水がかかってしまって故障している場所が拡大することもありますし、火災事故になることもあります。
そこで、水が漏れ始めたらちょっとの水でもできるだけ早く修理をするようにしましょう。修理費用も早めに修理する方が抑えられます。

■まとめ
ウォシュレット部分からの水漏れは被害も少ないので放置しがちですが、大きなトラブルを起こす原因になることもあります。素人では修理できないものがほとんどなので早めに業者に修理してもらうようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ