自分では修理が難しいトイレ床の水漏れ

トイレ 水漏れでもタンクやウォシュレットは比較的見つけやすいものですし、自分での対処ができるものもあります。しかし、それ以外の水漏れの中には自分では原因が見つけられないものもあり、そういったものはプロへの依頼が必要です。

■トイレ床の水漏れ

とても厄介な水漏れは床から水が漏れてくるケースです。これはさまざまな原因がが考えられるので原因の特定がとても難しいです。
さらに床がどんどん濡れていくために、床の劣化や、集合住宅の場合には他の家への被害の心配もあります。そこで、応急処置をして少しずつ様子を見ながら原因を探ることが必要です。
応急処置としてまず止水栓を止めて水が出ないようにすることです。水が漏れていそうな部分にタオルを置いて被害が広がらないようにすることができます。タオルの濡れ具合から水が出てきているところを見つけることもできます。

■原因がわからない場合にはすぐに業者を

中には止水栓を止めても水が出てきてしまうこともありますし、タオル置いてもも濡れている場所の判別が難しいこともあります。そのような状況になったらすぐに業者を呼ぶようにしましょう。
このような状態になると素人では原因の特定が難しいですし、応急処置で対応したことが逆効果となり別のトラブルを生む可能性もあります。そのため早めにプロに見てもらい対処してもらった方が安心です。

■まとめ
トイレ水漏れの中でも床から水が漏れるのが最も厄介です。応急処置をして原因が突き止められない場合には業者を呼んですぐに対応してもらうようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ